aya-note comic 〜マンガレビューblog〜

三度のメシよりマンガが好き!毎月数万円漫画購入費にあてている作者の、オススメまんがなどを独断と偏見でレビューというか感想というかをダラダラとなサイト。

----------------------------------------------------------
◆◆作者名検索◆◆

「あ」をクリックすると「あ」行で記事のある作者リストが表示されます。


                  わ、その他

----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

ジュエリーisパワー <感想> ADAMAS アダマス(1〜)皆川亮二

「スプリガン」「ARMS」の皆川亮二最新作。
あれ?先日「PEACE MAKER」を買ったばかりだぞ。
4063522210ADAMAS 1 (1) (イブニングKC)
皆川 亮二

講談社 2008-04-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アダマスとは、ダイヤモンドの語源で「(何事にも)屈しない」という意味だそう。

<超簡単なあらすじ>
一見フツーのアルバイター、しかしバイト先にリムジンでお出迎えの「流崎レイカ」っていったいナニモノ?
レイカはもともと、超大金持ちの家の娘さん。
しかし、巨大な組織にハメられ、父は行方不明に。
残されたのはリムジンと「じいや」そして、レイカの特殊能力。
レイカは宝石に愛され、宝石の持つパワーを引き出す力を持っていた。
父を探すため、レイカは今日も任務へむかう!

---

リュウザキレイカってどっかで聞いたな〜と思ったら、お蝶な婦人だった(笑

それはさておき。
美女、アクション、特殊能力、宝石、巨大な敵、お金持ちから貧乏、父が行方不明・・・
・・・と、定番なキーワードが並びつつ、しかし面白いので私はオススメします。

宝石に限らず、石にはパワーがあるとかで近年「パワーストーン」とやらが人気ですが
そういった石の持つパワーを扱うことができる美女が主人公。
宝石はレイカに自分の存在を伝え、持ち主の心を伝える。
また、意思や行動をコントロールさせ、強い拳というパワーをも与える。

宝石さえあれば、レイカ様は無敵です。

巨大な敵とのバトル話だけではなく、
本来の持ち主からはぐれてしまった不幸な宝石(と、その持ち主)を助ける人情的小話も挿入。
メリハリを効かせています。

宝石のパワー・・という、不思議なパワーを扱うからか、
レイカの二つ名が「クリシュナ」
(父親が宝石ルームにしていた部屋が「クリシュナの間」だったので、そこからとったのか。しかし、そもそもはクリシュナが宝石の神殿に住んでいたことに由来)
だったり、巨大な敵の組織は「シャニ」だったりで、神話的要素を加味。
ベテランさんだけあって、作品に色々な要素を詰め、そして煩雑にならないようにきれいにまとめています。

まあ、「いつもの皆川マンガじゃん!」と思う方も多いかとは思いますが
レイカ様は十分魅力的だし、話的には普通に面白いし。で、個人的にオススメ作品。

<このマンガの感想を書いているブロガーさん>
皆川亮二『ADAMAS(1)』→漫画読みの憂鬱さん
ADAMAS 1→あなぐま さん

<参考>
皆川亮二 公式放任サイト works llylgamyn
WORKS-LLYLGAMYN→作者公式ブログ

<ネットショップ>
amazonで買う→1500円以上購入で送料無料。最大手。ポイント還元あり
楽天ブックスで買う→1,500円以上購入で送料無料、ポイント還元あり
bk1で買う→1,500円以上購入で送料無料、ポイント還元あり
セブンアンドワイで買う→セブンイレブン受取で送料手数料無料


※トラックバックは承認制にしました。関係のないTBは受け付けておりません。
(ごめんなさい、最近あまりにもSPAMが多くて・・・)
マンガレビュー > 「あ」行タイトル | comments (395) | trackbacks (1)

愛犬と心が入れ替わる、ハートウォーミングストーリー<感想>丘の上のバンビーナ 鈴木有布子

世間的には知名度イマイチかと思いますが、私の心にスマシュヒットな良作を描いてくださる鈴木有布子氏の新作がコチラ。

丘の上のバンビーナ


<超簡単なあらすじ>
ひな子は小学2年生。
大好きな愛犬バンビーナといつも仲良し。溶け合ってひとつになりたいくらい大好き。
・・・と思っていたら、ある日ひな子の心とバンビーナの心が入れ替わってしまった!
どうやら、不思議な枕で寝ると、自由に入れ替わりができるみたい。
バンビーナの体で過ごす一日は新鮮だったが、それはそれで大変で。
一方のバンビーナは、孤高のキャラだったひな子のイメージを「親しみやすい」に変えていて。

ある日、バンビーナの体で散歩していたひな子は、見晴らしの良い丘で上級生の男の子に会う。
ひな子同様、学校では冷たいキャラなその上級生は、なんかそこでは優しくて楽しい人。でも悩みを抱えていて。

---

ほのぼの〜。

小学2年な割りにはシッカリ者のひな子、癒し系大型犬のバンビーナ、そして上級生の男の子・秋津君の成長物語。
ワンコと心の入れ替わる、ちょっと不思議なハートフルストーリーです。

入れ替わったこと、元に戻れなかったどうしようなど不安に思わないってところを省いた内容は、それらに関する余計なストーリーもないってこと。
なのでうまく1巻でまとまるのでしょうな。
と、考えると、小学2年という設定は、そのせいなのかな。
正直、ひな子のキャラは体も大きいし、性格や知性などもかなり大人びているので、「こりゃ小学2年じゃないだろ」と思っていたのですが、そういう理由か〜(と勝手に推測)

で、パパとママがすげー素敵なんですよね。
特にパパがマジでカッコイイ。
・・・って、他の方のブログ読んだら、これって「旬(いまどき)」の主人公二人だった・・・と。
あひゃ。
言われるまで気付きませんでした・・・・。
慌てて「旬(いまどき)」を探すも、カオス山の奥深くにあるようで見当たらず。
そもそも、私が鈴木有布子フリーク(以降、全て購入している)になったのも、この「旬(いまどき)」をジャケ買いしたからなんですよね・・・。絵柄もすごく私好みで。
なのに忘れているとは・・・。反省。
(なのに、作品レビューがこれが最初ということにも気付いて反省)

巻末に後日談ショートストーリーが2つ入っているのですが、これがまた私のニーズをしっかり捉えていて、「なんで私の気持ちがわかった!」と。
あの二人、どうなったかな〜的な後日談が、ちゃんと作者のほうから「こうなりましたよ」と提示されると、予想通りとはいえ嬉しいし、安心するんですよね。

そんなこんなで1巻完結な短編でありますが、最近春なのにちょっと寒いし、心をほんのりと温めたい方は是非。

<このマンガの感想を書いているブロガーさん>
☆『丘の上のバンビーナ』(※入れ替わり)→本うらら さん
丘の上のバンビーナ →Night&Day1095 さん

<参考>
ゆあん → 作者公式

<ネットショップ>
amazonで買う→1500円以上購入で送料無料。最大手。ポイント還元あり
楽天ブックスで買う→1,500円以上購入で送料無料、ポイント還元あり
bk1で買う→1,500円以上購入で送料無料、ポイント還元あり
セブンアンドワイで買う→セブンイレブン受取で送料手数料無料


※トラックバックは承認制にしました。関係のないTBは受け付けておりません。
(ごめんなさい、最近あまりにもSPAMが多くて・・・)
マンガレビュー > 「あ」行タイトル | comments (403) | trackbacks (1)

兄も宇宙をめざす <感想> 宇宙兄弟(1〜) 小山宙哉

「ジジジイ-GGG」(レビュー)に続きまたまた小山宙哉作品。
4063726746宇宙兄弟 1 (1) (モーニングKC)
小山 宙哉

講談社 2008-03-21
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

キラキラとしたカバーが宇宙チックではありますが、非常に表紙イラストを見えにくくしているのですが(笑

<超簡単なあらすじ>
2025年。
兄とは、常に弟の前を歩かねばならぬもの。
兄弟で宇宙飛行士になる夢をみていたが、弟だけ宇宙飛行士に。
追い越された兄は夢を諦めていたが、リストラをきっかけに再び宇宙を目指す!
---

ちょっと劣等感を持つ兄だけれど、弟は弟でちゃんと兄を尊敬し、兄を越えたなんて感じてはいず。でも、本当は自分よりすぐれているハズの兄が弱気なことにイラッとしたり。
兄弟愛です。

弟のほうが優等生チックで、兄のほうがちょっとオチャラケ。
髪の毛のチリチリだし(関係ないw)。
お互いがお互いを認め、尊敬する兄弟って素敵ですよね。

たぶん、そんな兄の「少し弱いところ」が今後宇宙飛行士になるにあたって
弟が越えられなかった壁を越えるためのファクターとなるんでしょう。
というか、そうでなくてはならない(期待)

「GGG」より、キャラクターの個性がこちらに伝わりやすく表現されているような感じで、私はコチラのほうがより面白く読めました。てことで、非常にオススメです。
共通するのは「ハート」。
ネガティブで黒い感情を排除し、人間の持つ優しさを中心に展開する話は、心地よく。
そして、普通の人が持つ「輝き」をうまく抽出できている作品だと思います。

いぢられキャラっぽいお兄ちゃんと、優等生な女性との今後のラブな展開も期待できたりして、続きが非常に楽しみなマンガです。
個人的には「プラネテス」よりも好きかもです。
(スケール感は今のところ「プラネテス」のほうが断然上ですが)

<このマンガの感想を書いているブロガーさん>
浪花節(と1%の才能)だよ(まんがキャラの)人生は(宇宙時代でも)→漏れから出る本(通称:漏る本) さん
宇宙兄弟 1巻/小山宙哉→だら〜んと読み続ける さん
小山宙哉『宇宙兄弟』1巻 → 枳棘庵漫画文庫さん

<参考>
モーニング 『宇宙兄弟』第1巻発売記念特設ページ
↑サイト内で試し読みできます

<ネットショップ>
amazonで買う→1500円以上購入で送料無料。最大手。ポイント還元あり
楽天ブックスで買う→1,500円以上購入で送料無料、ポイント還元あり
bk1で買う→1,500円以上購入で送料無料、ポイント還元あり
セブンアンドワイで買う→セブンイレブン受取で送料手数料無料


※トラックバックは承認制にしました。関係のないTBは受け付けておりません。
(ごめんなさい、最近あまりにもSPAMが多くて・・・)
マンガレビュー > 「あ」行タイトル | comments (330) | trackbacks (0)

三億円事件、学生運動 <感想> アンラッキーヤングメン(全2巻) 藤原カムイ×大塚英志

1968年、永山則夫連続射殺事件
  同年、東大紛争
  同年、三億円事件
1969年、天皇パチンコ事件
  同年、東大安田講堂事件
1970年、よど号ハイジャック事件
  同年、三島由紀夫割腹自殺
1972年、あさま山荘事件
 …
 …
1997年、永山則夫死刑執行
  同年、北野武監督作品、国際映画祭にて受賞

これらを「モチーフ」とした架空の物語が、この「アンラッキーヤングメン」である。
4048537245アンラッキーヤングメン 1 (1)
大塚 英志 藤原 カムイ

角川書店 2007-07-26
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

4048537253アンラッキーヤングメン 2 (2)
大塚 英志 藤原 カムイ

角川書店 2007-07-26
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<超簡単なあらすじ>
学生運動が激化した1968年〜。
ジャズ喫茶「ビレッジバンガード」で働くTとN。店にはヨーコたち学生運動の活動家が集まっていた。
Nは、米軍基地で盗んだ拳銃を所持し、4人を殺害した「連続射殺事件」の犯人であった。
一方、Tは映画が撮りたいという。
Nは、Tの映画「三億円事件」の主演となる。

---

三億円事件と学生運動というと、宮崎あおいさん主演の「初恋」という映画もあったりで、時代的にどうも連動させやすいようだ。
(映画のほうは、恋物語を主題に置いているため、事件と学生運動の描写がイマイチだったのが残念)
このマンガでは、三億円事件はTの映画ということになっている。
そして、盗んだ三億円はTたちの手元に渡らず、知人である活動家たちに奪取されて。

1968年〜72年の、学生運動華やかなりし時代の空気を存分に表現している。
それぞれ、このキャラはあの人だ・・・と推測できてしまうところも、リアリティとなる。
彼らの苦しみ、もがく姿は、読み手であるこちら側にも突き刺すように伝わってくる。

表紙は明らかに三億円事件のモンタージュ写真で、確かに主題は三億円事件のように思われるが、
本当のメインは学生運動と、それに青春を捧げた若者たちだろう。
目的のための手段として、三億円事件はあっただけ。
そして、キーワードは拳銃。
拳銃によって人生を変えた人、拳銃によって世界が変わると信じる人。
作中、拳銃は非常に特別な立ち位置にある。

この時代について、学生運動について、私は文献上のことしか知らない。
結果的に彼らの行動は「犯罪」であったけれど、私が今失ってしまっている情熱を感じる。
少し羨ましくもある。

年齢を経てしまったせいだけではない。
自分が大学生だった頃でさえ、こんなにも一途に何かを信じ、命を懸けて取り組んだことがあっただろうか?

私は今、精一杯生きているだろうか。

そんな読後感を持つ作品であった。

戦争を知らない世代のために、戦争映画があるように
安保闘争や学生運動を知らない世代のために、「アンラッキーヤングメン」はある。
もっと多くの若者が読むべきである、と思う。
時代をリアルに切り取った傑作である。

<参考・トラックバック>
webカドカワ内 アンラッキーヤングメン紹介ページ
(サイト内で特別編集版が読めます)

<ネットショップ>
amazonで買う→1500円以上購入で送料無料。最大手。ポイント還元あり
楽天ブックスで買う→1,500円以上購入で送料無料、ポイント還元あり
bk1で買う→1,500円以上購入で送料無料、ポイント還元あり
セブンアンドワイで買うicon→セブンイレブン受取で送料手数料無料

---
○日々の漫画購入記録はコチラ(楽天ブログ)

マンガレビュー > 「あ」行タイトル | comments (226) | trackbacks (1)

虫がワラワラなだけでも嫌なのに、巨大なんですよ <感想> インセクツ(2〜) 杉山敏

連載中。現在2巻まで発売。
4344812174インセクツ 2 (2) (バーズコミックス)
杉山 敏

幻冬舎コミックス 2008-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

虫パニックもの。

虫って、どうも苦手。
たぶん苦手な人のほうが多いはず。
カブトムシとかクワガタが好きな人は多いと思うけど、じゃあゴキブリとかカマキリとか蛾とかはどうよ?
あとさあとさ、ちっちゃい虫がこうビッシリと群がってるのとかさ、もう最悪なわけですよ。
書いていてもゾワゾワするね。

私の場合、飛んでくる虫がダメ。
実は蝶が怖い。こっちに向かって飛んでくると、マジで硬直。
(逆に蛇のほうが平気。不思議〜)

そんなわけで、見るだけでもゾワゾワする虫が巨大化して人間を襲うという、イヤなシチュエーションの話です。

<超簡単なあらすじ>
製薬会社の研究によって生まれた、有益なはずのウイルスが昆虫の巨大化・凶暴化をもたらした。
虫たちは人間を襲いはじめ、研究所周辺の市街地は政府により封鎖される。
しかし、政府の行動には何か裏がありそうで・・・。
本当に原因はそのウイルスだったのか?

---

絵は粗く、キャラクターも魅力的とは言えない。
「顔マンガ」(顔ばっかりのコマで構成されているマンガ。慣れてない人がやりがち。狙ってやってる場合は別)に近く、そういうマンガにありがちな背景の処理の甘さが目立つ。
マンガとして未熟さが目立つけれど、その粗さが余計「昆虫」を気持ち悪くさせているんだから、表現というのは恐ろしいものですね。
結論として、この作者がこのマンガを描いたのは「アタリ」なんですよ。
内容と絵柄がうまくマッチしてるんですよね。気持ち悪いくらいに怖いんですよ、全体が。
登場する人たちも、なんか怖い。
感情がうまく表現されてないから、「何考えているのかわからない」怖さがあって。

しかし、ストーリーはきちんとしているし、構成やコマ割は読みやすいので、こういう味の作家さんなんですな。

人はたくさん死にますが、「人体のグロいシーン」は特になし。
しかし、存在そのものがグロい昆虫はワンサカ出てきます。
昆虫が苦手な人にはオススメしませんが、バイオハザートな世界が好きな人だったら楽しく読めるかも。
ていうか、「地球防衛軍シリーズ(リンクはXBOX360版)」の巨大昆虫をバカ笑いしながら倒していた人におすすめ。

映画化とかもしやすそうな内容です。
(日本沈没みたいなw)

<参考・トラックバック>
杉山敏の美術館→作者公式HP
webコミックGENZO【作品紹介】インセクツ

<ネットショップ>
amazonで買う→1500円以上購入で送料無料。最大手。ポイント還元あり
楽天ブックスで買う→1,500円以上購入で送料無料、ポイント還元あり
bk1で買う→1,500円以上購入で送料無料、ポイント還元あり

---
○日々の漫画購入記録はコチラ(楽天ブログ)

マンガレビュー > 「あ」行タイトル | comments (342) | trackbacks (0)
Information
  • 三度のメシよりマンガが好き!毎月数万円漫画購入費にあてている作者の、オススメまんがなどを独断と偏見でレビューというか感想というかをダラダラとなサイト。
Profile
Calendar
<< October 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
Categories
New Entries
Archives
    
アクセス
    
Recent Comments
  • 芸術的美容整形。受けてみたい・・・---RODIN(1)佐藤 マコト/谷津 弘幸
    ChantelDam (10/24)
  • 芸術的美容整形。受けてみたい・・・---RODIN(1)佐藤 マコト/谷津 弘幸
    ChantelDam (10/24)
  • 芸術的美容整形。受けてみたい・・・---RODIN(1)佐藤 マコト/谷津 弘幸
    ChantelDam (10/24)
  • 芸術的美容整形。受けてみたい・・・---RODIN(1)佐藤 マコト/谷津 弘幸
    ChantelDam (10/24)
  • 芸術的美容整形。受けてみたい・・・---RODIN(1)佐藤 マコト/谷津 弘幸
    ChantelDam (10/24)
  • 芸術的美容整形。受けてみたい・・・---RODIN(1)佐藤 マコト/谷津 弘幸
    ChantelDam (10/24)
  • 芸術的美容整形。受けてみたい・・・---RODIN(1)佐藤 マコト/谷津 弘幸
    ChantelDam (10/24)
  • かもすぞ〜かもすぞ〜---もやしもん(1)(2) 石川雅之
    シャネル財布コピー品 (10/24)
  • 芸術的美容整形。受けてみたい・・・---RODIN(1)佐藤 マコト/谷津 弘幸
    ChantelDam (10/23)
  • 良い意味でドロくさいSF---ロボとうさ吉 加藤 和恵
    awagMn (10/23)
Recent Trackbacks
    
amazon
         
blogpeople linklist
    
Other
  • count : hits!
  • 参加ブログランキング
    ブログランキング ドット ネット
    にほんブログ村 漫画ブログへ
    TREview
    テクノラティお気に入りに追加する
  • 広告

  • 協賛中

  • 『図書館戦争』公式サイト
  • アクセス解析



  • RSS1.0
  • Atom0.3
  • Powered by Serene Bach 2.12R
  • Template by OMEGA*BOX