aya-note comic 〜マンガレビューblog〜

三度のメシよりマンガが好き!毎月数万円漫画購入費にあてている作者の、オススメまんがなどを独断と偏見でレビューというか感想というかをダラダラとなサイト。

----------------------------------------------------------
◆◆作者名検索◆◆

「あ」をクリックすると「あ」行で記事のある作者リストが表示されます。


                  わ、その他

----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

猟奇的で残酷、読者を選ぶ問題作 <感想> ブラッドハーレーの馬車 沙村広明

残酷な話がニガテな人はスルーで。
作品の質は非常に高いのですが、なにぶん生理的に無理な人は無理だと思います。
4778320514ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS) (Fx COMICS)
沙村 広明

太田出版 2007-12-18
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<超簡単なあらすじ>
孤児院で暮らす少女達の夢は「ブラッドハーレー聖公女歌劇団のスターになること」。
ブラッドハーレー家の養女になると入団でき、毎年各地の孤児院から
眉目秀麗な少女達が選ばれ、馬車に乗る。

が・・・。
期待で胸いっぱいの少女が連れてこられたのは刑務所。
少女達は、無期服役者の暴動防止のため、性欲のハケ口として
何十人もの男たちに肉体を蹂躙されるのだった。
少女達はその地獄の責め苦を受け、絶望の中、死んでいく。

---

読後感は重いです。
「無限の住人」も、けっこうグロテスクですが、
アレにはまだ、コミカルなやりとりや笑いなどが多く含まれています。
が、
「ブラッド〜」には、全く笑いなどありません。
残虐な性行為(とも呼べない暴力的、拷問的行為)がリアルに表現されています。
なもんで、賛否両論。
批判的意見があるのも当然、というか、生理的に受け付けない人がいるのは当然。

とはいえ、氏賀Y太的残酷エロとはまたちょっと違うかな。
(氏賀Y太氏は、18禁エログロ漫画で有名な方です。吐き気を催すような残虐表現が売り)
非常にドラマ性が高く、戦争映画的な「救いようのない悲しみ」を描き、マンガとして完成度の高い秀作だと、私は思います。
(念のため・・・一応私は女です。ただ、エログロには耐性の高いほうだと思われ)

作者本人は「エロをかこう!」と思って描き始めたようですが、結果、エロ漫画にはならなかった作品だと思います。
確かに性行為シーンや裸体が多いものの、エロ漫画ではなくなってしまいましたね。
というか、むしろ「沙村でただのエロ」なんて、私はガッカリしちゃいますが(笑
実際、掲載誌の「マンガ・エロティクス・エフ」自体、ドラマティックにエロスを!的なものですし(エロ漫画雑誌ではありません)。
性処理目的なエロ漫画というのは、もっと「オチなし」な「いかに興奮させるシチュエーションとイラスト」を追求したものだと思っておりますので、
やっぱり「ブラッド〜」はエロ漫画じゃないな〜と思うわけです。

また、時代設定もうまいわけです。
中世、貴族がいて奴隷がいて、身分が分けられていた時代、
孤児院育ちの少女には「人権」なんてものはなかった・・・というか、想像だにしないことでしょう。
「家畜人ヤプー」と同様、常識や価値観が違うのだから
もうこれはどうしようもありません。

そんなわけで、完成度の高いマンガだと思いますが、読者を選びます。
あなたは「精神的にクる残虐性」に耐えられる方ですか?ならばオススメします。

最後に・・・・
原画展に寄せた作者の言葉を。
「苦痛に歪む女性の顔を好ましいと思う心は真に恥ずべき代物だ。
 それを誇りに思ったことは誓って一度たりともない。
 しかしだんだんと、それによって生かされている気がしてくるから不思議だ。」
(出典:沙村広明原画展「娘達への謝罪」vanilla-galleryのHPより)


---
<この作者のその他の作品レビュー>
おひっこし 竹易てあし漫画全集」・・・2006.03.20

<このマンガの感想を書いているブロガーさん>
ブラッドハーレーの馬車/沙村広明 → やや最果てのブログさん
少女達を待ち受ける残酷で凄惨な運命 - ブラッドハーレーの馬車 →真・業魔殿書庫さん
・ブラッドハーレーの馬車 →ネコの白い羽。さん ※ダメでした・・・側の感想です

<ネットショップ>
amazonで買う→1500円以上購入で送料無料。最大手。ポイント還元あり
楽天ブックスで買う→1,500円以上購入で送料無料、ポイント還元あり
bk1で買う→1,500円以上購入で送料無料、ポイント還元あり
セブンアンドワイで買う→セブンイレブン受取で送料手数料無料


※トラックバックは承認制にしました。関係のないTBは受け付けておりません。
(ごめんなさい、最近あまりにもSPAMが多くて・・・)
マンガレビュー > 「は」行タイトル | comments (166) | trackbacks (0)

書店員、謎を解く <感想> 配達あかずきん 成風堂書店事件メモ (1〜) 久世番子/大崎梢

大崎梢氏の同名小説をコミカライズ。
440361891X配達あかずきん (WINGS COMICS 成風堂書店事件メモ 1)
久世 番子 大崎 梢

新書館 2008-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

古本屋で探偵といったら京極堂ですが(笑

<超簡単なあらすじ>
駅ビルの6階にある成風堂書店を舞台に、
しっかり者の書店員・杏子さん(眼鏡)と
勘の良いアルバイト大学生・多絵ちゃん(ぶきっちょさん)が、
書店で起こる謎や事件を鮮やかに解き明かす。

---
上記、出版社サイドの説明が非常に良かったので引用しました(汗)

個人的なことから言えば、本屋さん大好き。
ネットで買うことも多いけれど、本屋さんという空間が好き。
マンガを買うにも、横並びに紹介されたネット書店よりも
書店員さんがオススメしてるっぽい陳列を見ながら
「お、これを平積みしてるなんて、ムムム!やるな!」な〜んて
思いながら手に取るほうが楽しい。
でも、ネットより「ジャケ買い」しやすくって危険(笑

そんなこんなの、私の愛する本屋さんが舞台。
そして、私の大好きなジャンル、「推理モノ」が合体。
といっても、死体が出てくるような推理モノじゃなくって、日常生活のふとした「謎」を解くのが中心。
そんでもって、書店ゆえの、書店員だからこその謎。事件の鍵は「本」。

じゃあ、どんなのが「本屋さんの謎なんだ?」というと・・・・
最初の「パンダは囁く」の謎を。

---
少年が本を探して欲しい、とやってくる。
急に寝たきりになった仲の良い老人に頼まれたのだ、と。
メモには「あのじゅうさにーち」「いいよんんわん」「ああさぶろうに」の文字が。
そして、「出版社はパンダ」と。
---

ね、本屋さんらしい謎解きでしょ?
こんな風に、「探偵の本職が書店員だった」ではなく
(浅見光彦の本業がフリーライター・・・のように)
「書店員がその場に居合わせたので推理してみました」という、
本業上のサービスとして推理が展開するというつくり。
この構成は面白いですね。原作が良いってことなんでしょうね。

人と本との人間模様。
ほんわかと心が温まるマンガです。
やっぱり本屋さんは素敵です。

調べたところ、久世氏も大崎氏も、書店員経験があるんですな。

書店員経験があって、本屋を愛する二人が出会って生まれた作品。
これぞ「マリアージュ」ですね。

<このマンガの感想を書いているブロガーさん>
大崎梢、久世番子/配達あかずきん 成風堂書店事件メモ→マンガ一巻読破さん
大崎梢/久世番子『配達あかずきん 成風堂書店事件メモ 1』 → 枳棘庵漫画文庫さん

<参考・トラックバック>
大西電電→久世番子氏HP(最近は更新していない模様)
Ringo page 大崎 梢 website→大崎梢氏HP

<ネットショップ>
amazonで買う→1500円以上購入で送料無料。最大手。ポイント還元あり
楽天ブックスで買う→1,500円以上購入で送料無料、ポイント還元あり
bk1で買う→1,500円以上購入で送料無料、ポイント還元あり

---
○日々の漫画購入記録はコチラ(楽天ブログ)

マンガレビュー > 「は」行タイトル | comments (283) | trackbacks (0)

難読症の少年マジシャン <感想> ファンタジウム(1〜) 杉本亜未

以前のエントリにも関係するが、「オススメは?」と聞かれたとき
なぜか「超有名な作品」よりも「あまり知られていない作品」を言いたくなる。
超有名作品なんか私が薦めなくても売れるだろうが、
こんなに良いのに知られてない、もっと売れてほしい、という心理が働くのだろうか。

この「ファンタジウム」もそんな作品。
現在2巻まで発売中。
4063726088ファンタジウム 1 (1) (モーニングKC)
杉本 亜未

講談社 2007-06-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

406372669Xファンタジウム 2 (2) (モーニングKC)
杉本 亜未

講談社 2008-02-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<超簡単なあらすじ>
マジシャンであった祖父の遺品を整理していくうち、良という少年とであった北条。
良は祖父・龍五郎の弟子で、マジックの天才的才能を持っており、北条は良のマネジメントを行うことに。
しかし、良には「難読症」という障害があり、読み書きができにくいため、学校生活や仕事などで支障をきたすことがあった。

マジックは一瞬で覚え、洞察力に優れる良だが、難読症による「読み書きができない」→「テストの成績が悪い」という状態のため、「頭が悪い」と同級生からバカにされる。
しかし、それに対し卑屈になることもなく、むしろ淡々と事実を受け止める。

良の両親は良い人なのであるが、あまり学がないためか
良にとって良い教育を行えているとはいえない環境。
そういう人生が、良の心に影響していったのだろう。

北条が良のマネジメントに奔走するが、「おじさんがやれというから、おじさんを信頼してやるよ」という反応。
マジックは好きだが、それで生きていこうという希望など、とうに棄ててしまったかのように。

良い子なのではあるが、そういうツライ過去のせいか、北条にとっては理解しがたい少年。しかし、本当に良を思い、親身に世話をする北条を、良は良なりに信頼している。

少しずつ売れ始め、ある日テレビでセンセーショナル・デビューをすることに。
その影には、別の若いマジシャンの暗い過去があった。

---

説明長すぎ(笑

少女マンガと少年マンガの中間のようで、やや写実的な表現をする絵柄は、ややもすると「地味」という印象を与えがちだが、
その「地味」ゆえのストーリーの重みを感じさせる作品。
登場人物の気持ちがきっちりと表現され、繊細なストーリー。
もどかしく切なくも、心温まる人間ドラマを描いたマンガ。
マジックという華やかな題材であるが、ショービジネスの華やかさよりも、それに関わる人間模様が中心。
モーニング系列らしい良質人間ドラマ。非常にオススメ。
私の中の、「現在連載中作品のおすすめランキング上位作品」であることは間違いない。

もっと評価されるべき作品だと思う。

とはいえ、ブログ等でも絶賛され、ジワジワと人気が出てきたのか、先日モーニング2の表紙を飾っていた。トレカみたいなキラキラな特殊紙を使って。むう、もう私が「応援」なんておこがましいこと言ってる時代ではないか(笑

※地味地味言ってるが、昔から読んでいたせいか、私はそんなに地味だとは思ってなかった。が、友人の「なんか実録漫画みたいな絵だよね」という一言を聞いて、ああ、なるほどなぁと思った(笑

<参考・トラックバック>
長見良の魔法世界へようこそ!→たぶん作者公認のファンサイト。北条が運営する良のHPという設定。
長見良の魔法世界→上記サイト内blog

<ネットショップ>
amazonで買う→1500円以上購入で送料無料。最大手。ポイント還元あり
楽天ブックスで買う→1,500円以上購入で送料無料、ポイント還元あり
bk1で買う→1,500円以上購入で送料無料、ポイント還元あり

---
○日々の漫画購入記録はコチラ(楽天ブログ)

マンガレビュー > 「は」行タイトル | comments (1837) | trackbacks (0)

打ち切りで思うこと <感想>ベルモンドLe VisiteuR (全3巻) 石岡 ショウエイ

連載終了。てか打ち切り。
4088745051ベルモンドLe VisiteuR 3 (3) (ジャンプコミックス)
石岡 ショウエイ

集英社 2008-02-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<超簡単なあらすじ>
17世紀フランス。
修道院の地下室に住むベルモンドは魔女の力としか思えぬ不思議な力による拷問により、罪人の秘密を暴いていた。

けど、なんか魔女の末裔だとか党首だとかでバトル展開。
---

最初のほうと方向性が変わってしまった残念なマンガです。
こういう、方向性を変えるのは誰の意思なんでしょう?

週刊少年ジャンプ系マンガにはこの手の
「方向性が変わる」(たいていはバトル展開)→人気が出ず打ち切り
というパターンがあまりにも多すぎて、そのせいで一時私にジャンプマンガを買わせない理由となっていました。
とすると、やはり編集方針としか・・・・。

作者も巻末のコメントで書いているように
「舞台演劇のように、場面も、場面転換も、登場人物もごく少数に限定した作品」
でスタートしたものだったと思います。
舞台は修道院の地下室。
登場人物はベルモントほか数名。
そこに罪人が連れ込まれ、罪人の過去などが場面転換され挿入される。
場面は地下室に戻り大団円。

地下室の中だけで人間模様を描くという、それはそれで面白い作品だったのですが。
安楽椅子探偵(アームチェア・ディテクティブ)の推理小説みたいでね。

※安楽椅子探偵=事件の現場には行かず(椅子に座ったまま)事件の話を聞いただけで解決してしまう探偵。アガサ・クリスティの「ミス・マープル」等が有名。
最近では、「デス・ノート」のLって言ったほうがわかりやすいか(笑

と、そんな箱庭チックなところと、魔女の力からくる不思議な拷問手段が気に入って読んでいたのですが、なんか途中からバトル展開になるわ、旅立つことになるわで、1巻の面白さが全くなくなってしまいました。
まあ、他の読者もそう思ったようで、あっという間に打ち切り。
またその終わり方も無理矢理でげんなり。

打ち切りなのは仕方ないのですが、こう無理矢理な終わらせ方はなぁ。
とはいえ「未完」(by「男坂」車田正美)てのも二番煎じか。
(「妹選手権」堂高しげる は男坂のリスペクトwなのでOK)

本当に、「バトル展開」に持っていった戦犯は誰なのだと。

箱庭マンガだと、ジャンプの好むような長期連載は難しかったのかもしれません。でも、どっちにしろ3巻しかもたないんだったら、ストーリーを変えずに気持ちよく終わらせればいいじゃない?
読者を無視してるように感じてしまいますよね。

読者や作者の気持ちを無視して大博打(ひょっとしたら大ヒットVS打ち切り)うちすぎですよ、ジャンプは。

一時そんなこんなでジャンプを買わなくなっていた私ですが、
ここのところ「サムライうさぎ」みたいのが連載されるようになって、ジャンプの編集方針も変わったのかな、また安心して単行本買ってもいいのかな、
な〜んて思っていましたが・・・。
やっぱり信用できない、という評価に逆戻り。

<ネットショップ>
amazonで買う→1500円以上購入で送料無料。最大手。ポイント還元あり
楽天ブックスで買う→1,500円以上購入で送料無料、ポイント還元あり
bk1で買う→1,500円以上購入で送料無料、ポイント還元あり

---
○日々の漫画購入記録はコチラ(楽天ブログ)

マンガレビュー > 「は」行タイトル | comments (382) | trackbacks (0)

ヘタレ漫画家ゆえに目が離せない <感想> 僕の小規模な生活(1〜) 福満しげゆき

マンガ好きの性か、「漫画家が主人公の作品」がどうしても気になってしまいます。ということで買ったのがコレ。
4063754170僕の小規模な生活 1 (1) (モーニングKC)
福満 しげゆき

講談社 2007-12-21
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<超簡単なあらすじ>
主人公“僕”はマンガ家志望の25歳。家計は5歳年下の妻が支えている。
たまにエロ漫画の仕事が入ってくるけど、漫画で生活はできない状態。
仕事しなくちゃ。
バイトに行ってみるものの、あまりのダメっぷりに怒られまくり、結局逃げ出すヘタレぶり。
ようやくメジャー誌の仕事が入ってきたけど、後先考えずにOKしてたら、仕事のマナーを破っていて、また大変なことに。とりあえず、のらりくらり。

---

結論から言うと、「オススメ」。
漫画家を目指す人だけじゃなくって、ちょっと人生に悩みがあるような人も読んで欲しいかな。
見ているこっちまで身につまされる作品。

中身はガロ風な雰囲気。ていうか、ガロ出身だけど。

怠けたい心は、私もよくわかるよ〜。
今自分もフリーでやってるため、「安定していないことの不安」とか「お金の不安」「フリーゆえに自堕落になってしまうこと」「やらなくちゃいけないけど、ついつい・・・」と、共通点もたくさんあったりして、なんか自分を反省してしまいましたよ。
やばい、頑張らなくちゃ。

基本的に、作者のリアルを(フィクションを交えながら)描いているらしいけど、もうなんかお会いしたら色々面倒見たくなっちゃいそうな雰囲気ですよ。

なんか愛すべき小市民、って感じ。
とはいえ、リアルでこれがダンナだったら、私は逆上してると思うけどね。
ヨメ、えらいなぁ。

ストーリーも絵柄も全部ひっくるめて「ヘタレ」な雰囲気が出てておもしろい。
編集さんからは「コマを大きく」「・・・を多用するな」等の指示が入っているようですが個人的には、1話の雰囲気のほうが「らしい」感じが出てて好きですね。
くだらない描写をチマチマ書いていたり、「・・・」も、“僕”のダメっぷりをそれだけで表現してるような感じがするし。

それにしても、よくこれだけダメネタがあるなぁ。
連載も「人気がなければ打ち切るよ」なんてハシラに出しちゃうあたりも、ネタとしてそういうダメダメな雰囲気を出してる感じがしちゃいますね。

※編集さんとのやりとりに関して、同じく漫画家の「うめ」さん(大東京トイボックス→レビュー)がこの作品の感想にからめて書いてます。参考にどぞ。

<参考・トラックバック>
福満しげゆきホームページ→作者公式
  ※これが作中に出てくるホームページなのだろうか・・・・・
『僕の小規模な生活』難民チャンプ(漫画家うめ氏のblog)

<ネットショップ>
amazonで買う→1500円以上購入で送料無料。最大手。ポイント還元あり
楽天ブックスで買う→1,500円以上購入で送料無料、ポイント還元あり
bk1で買う→1,500円以上購入で送料無料、ポイント還元あり

---
○日々の漫画購入記録はコチラ(楽天ブログ)

マンガレビュー > 「は」行タイトル | comments (349) | trackbacks (0)
Information
  • 三度のメシよりマンガが好き!毎月数万円漫画購入費にあてている作者の、オススメまんがなどを独断と偏見でレビューというか感想というかをダラダラとなサイト。
Profile
Calendar
<< October 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
Categories
New Entries
Archives
    
アクセス
    
Recent Comments
  • 芸術的美容整形。受けてみたい・・・---RODIN(1)佐藤 マコト/谷津 弘幸
    ChantelDam (10/24)
  • 芸術的美容整形。受けてみたい・・・---RODIN(1)佐藤 マコト/谷津 弘幸
    ChantelDam (10/24)
  • 芸術的美容整形。受けてみたい・・・---RODIN(1)佐藤 マコト/谷津 弘幸
    ChantelDam (10/24)
  • 芸術的美容整形。受けてみたい・・・---RODIN(1)佐藤 マコト/谷津 弘幸
    ChantelDam (10/24)
  • 芸術的美容整形。受けてみたい・・・---RODIN(1)佐藤 マコト/谷津 弘幸
    ChantelDam (10/24)
  • 芸術的美容整形。受けてみたい・・・---RODIN(1)佐藤 マコト/谷津 弘幸
    ChantelDam (10/24)
  • 芸術的美容整形。受けてみたい・・・---RODIN(1)佐藤 マコト/谷津 弘幸
    ChantelDam (10/24)
  • かもすぞ〜かもすぞ〜---もやしもん(1)(2) 石川雅之
    シャネル財布コピー品 (10/24)
  • 芸術的美容整形。受けてみたい・・・---RODIN(1)佐藤 マコト/谷津 弘幸
    ChantelDam (10/23)
  • 良い意味でドロくさいSF---ロボとうさ吉 加藤 和恵
    awagMn (10/23)
Recent Trackbacks
    
amazon
         
blogpeople linklist
    
Other
  • count : hits!
  • 参加ブログランキング
    ブログランキング ドット ネット
    にほんブログ村 漫画ブログへ
    TREview
    テクノラティお気に入りに追加する
  • 広告

  • 協賛中

  • 『図書館戦争』公式サイト
  • アクセス解析



  • RSS1.0
  • Atom0.3
  • Powered by Serene Bach 2.12R
  • Template by OMEGA*BOX