aya-note comic 〜マンガレビューblog〜

三度のメシよりマンガが好き!毎月数万円漫画購入費にあてている作者の、オススメまんがなどを独断と偏見でレビューというか感想というかをダラダラとなサイト。

----------------------------------------------------------
◆◆作者名検索◆◆

「あ」をクリックすると「あ」行で記事のある作者リストが表示されます。


                  わ、その他

----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

ボードゲーム:ブロックス-Blokus-

B0002YNFBAブロックス

ビバリー 2002-04-01
売り上げランキング : 194

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


4人集まれば麻雀?ブロックス?

麻雀ほど時間がかからないので重宝。

麻雀が好きで、よく自宅で卓を開くんですが、「あと半荘やるには時間ないなぁ」なんて時にこのブロックスが活躍です。

ゲームの内容としては、リンク先にも詳しく書いてありますが、ボードの上に自分のピースを置いていくというゲーム。
ピースは1から5の正方形が繋がった形。十字の形だったり、凹とか凸の形など。
ブロックス1
ただし、自分の置いたピースと「角」で接するようにしないと置けない。面でくっついちゃだめ。
ブロックス2
他人のピースとは面でもOK。

で、最終的に「残ったピースのマスの合計」が少ない人が勝ち。
全部設置できれば良いのですが、そううまくいかない。
「マスの合計」なわけなので、できれば5マスのピースなどは残さないほうが良いわけで、5マスピースなどの大きいものから置いていくのがセオリーですね。

ひたすら相手の邪魔をして、自分の首を絞めるタイプの人とかいておもしろいですね。
私は「9マスの壁」が破れなくて(何回やっても9マス分くらいのピースが残ってしまう)くやしかったり。
うまく全員が共存できれば、全員が全部のピースを置けるようなので、本当に必要なのは「協力」?
いやしかし「勝負」(笑

お手軽ですし、子供でもわかりやすいルールなので、これからの季節、こたつに入りながらミカン片手に「ブロックス」オススメです。
2人以上からできますが、4人プレイ推奨。
ゲーム・映像系レビュー | comments (193) | trackbacks (1)

ちょっと家庭菜園ブーム?イチゴ植え付け

なんか突然イチゴを栽培しはじめました。
イチゴ、いちご、苺。いちご棚

よく「植物を枯らしてしまう」癖(?!)があるので、今度こそは!の気持ちです。

ホームセンターでイチゴの苗を買ってきました。
種類は「章姫(あきひめ)」と「ピンクスイート」を購入。ピンクスイートはピンクの花が咲くそうです。
それと、イチゴと一緒に植えると良い、という「ボリジ」。
「ボリジ」自体も、ハーブとして食べたりできる模様です。
(こういう、一緒に植えて効果が出る植物を、コンパニオン・プランツというそうです)

ウチは庭がないので、ベランダでプランター栽培。
土すらも買わなくてはなりません。
<参考>こんなやつ
甘いイチゴをつくる土 12L
置く場所や寒さのことを考えて、ビニールハウスと棚が一緒になったようなやつも買ってみました。
<参考>
簡単組立、工具不要ビニール温室3段※1026アップ祭2

イチゴうえつけ

3日前に植え付け、無事「葉露」がついた苗がチラホラ出てきたので、順調に育っているのかな。(葉露が出るのは、ちゃんと根っこが水を吸っている証拠らしい)

スーパーで買えば数百円ですむイチゴを食べるために、一体私はいくら投入したんだろう・・・・orz
そんなことは考えちゃだめです(笑
来年春、ちゃんとおいしいイチゴが食べられればいいなぁ。

でもって、なんか楽しくなってきたので、野菜とかにもチャレンジしてみようかと思っています。
※雑記 | comments (385) | trackbacks (0)

かもすぞ〜かもすぞ〜---もやしもん(1)(2) 石川雅之



なんで装丁がこげに違うとですか(笑)
白すぎて、平積みになっているのに目をひかなかった2巻っていったい・・・。

基本的にマンガ雑誌は買わないようにしているのですが、「イブニング」が創刊され、様子見のためと思いしばらく買っていた時期があって。
「もやしもん」には連載当初から注目しておりました。
てなわけで、先日2巻が発売され、より一層注目されて欲しいのでエントリしますです。

舞台は東京農大なのかなぁ?
なんかめちゃくちゃ農大よさげですよ?
農大って、マジでこんなにハッチャけ(byあばれはっちゃく)てるんですか?!すげー行きたい。今からでも(笑

<超簡単なあらすじ>
ナノでミクロな「菌」が肉眼で、それもなんかキャラクターチックに見える不思議な能力を持つ主人公、沢木惣右衛門直保。実家は「もやし屋」(麹屋)
上京の条件として「農大」をあげられ、仕方なく農大に入学。
祖父より、農大に入ったらまず「樹教授」を訪ねろと言われ向かおうとしたところ、「菌が大量発生しているところ」を発見。どうやら地面に何か埋まっているらしい。すわ、死体?!警察臨場の中、謎の老人が土をさっさと掘り返し、中から出てきたアザラシの腹を掻っ捌き、中から出てきた鳥の肛門から発酵した内蔵をすする・・・・・これがキビヤック。エスキモーの作る発酵食品。
そしてその老人こそ、樹教授であった。

あとはもう、登場人物の織り成すトラブルてんこもり。

---
農大、すげーです。
春祭の間、2〜3日大学敷地内に閉じ込められます。謎なイベント満載です。
そもそも、学んでいること自体がすげーです。
「農業」っていうとアナログな感じがしますが、実はハイテクだったりします。バイオだったり、環境問題だったり、新エネルギーだったり。
食べ物や化粧品とか、身近なものでもお世話になっていたりします。
でも、牛の肛門から手を入れて触診する、なんつー研修もあったりします。

舞台そのものが特徴的なアクの強い個性的なところに、登場人物も個性的(笑
学内で酒を密造していて失敗したのを発見したところから付き合う?ようになった先輩も、密造するだけじゃなくって虫マニアだったり笑い飯の人にそっくりだったり(これは関係ない、というか作者は知らなかったらしい)

キャラの個性に負けない、しっかりした画力と線の太さと書き込みで、しっかりと骨太感。でコミカル。でもって、これをしっかり読むと、菌についてお勉強にもなっちゃう。お得だね!

話はちょっと変わるんですが、「抗菌」とか「除菌」とか、やたら清潔にする最近の風潮はちょっとどうかな、と思ってるんですね。
ビフィズス菌が「良い菌」だということは、さすがに認知されてるかと思うのですが、どうも「人間の肌」にも「良い菌」がいて、たとえば大便をしたあと、それらの良い菌さんたちがササッと大腸菌を表皮から駆除してるらしいんですよね。なので、あまり肌を石鹸で洗いすぎたりすると、良い菌までも駆除されてしまい、その隙に悪い菌が大繁殖しかねない、という・・・。
そういや、一時「顔ダニ」が話題になりましたね。
「ダニ」という言葉からか、すぐ駆除しなくちゃ!みたいなアオリ文句でいろんな商品が出回りましたが、確かに大量にいるのは問題があるようですが、ある程度はこの「顔ダニ」ちゃんがいないと、むしろ炎症を起こす模様。益虫じゃん。
って、今「顔ダニ」でググってみたけど、いまだ「顔ダニ」を悪者として駆除する商品がいっぱいあるんですねぇ。さすがに廃れたと思っていたのに。
花粉症にしても、あまり清潔志向になりすぎて、本来は無害であった細菌などにも反応するようになってしまったからだ、という説もあったりしますね。
(あくまでも「説」で、でもって、寄生虫を飼うと良い、という「説」もあったり)

とまあ、ともかく、おもしろいだけじゃなくって、なにかしら楽しい知識も得ることができるかと思いますんで、コレはすごくオススメなマンガです。

あと、目に見える菌がカワエエです。

しかし、いたるところに無数にある菌。これが見えてしまうとなったら、生活しずらいだろうなぁ。火を通したものじゃないと食べられない、というのも頷けます。

<参考・トラックバック先>
石川雅之公式サイト
「農大」のサイト→石川先生製作の空想サイトです
マンガレビュー > 「ま」行タイトル | comments (377) | trackbacks (0)

papyrusが廃刊になりませんように(祈---机上の九龍 青木 朋/空論創作委員会



う、うさぎがかわええええぇぇぇぇぇぇ!!!!!!


やばい、うさぎ。モフモフモフモフ・・・。
読みながら何度「ウサウサかわええええええぇぇぇ!」と叫んだことかっ!!

はっ。
いかんいかん、これじゃあ何のことかわからん!

出会いは「papyrus」(幻冬舎)という雑誌が創刊されたことにより始まります。
活字主体の雑誌ですが、そこに1つだけ漫画が掲載されてました・・・。

なにこれ!むっちゃ良いじゃん!
ていうか、ウサギがかわえええええええええぇぇぇぇぇぇ!
ということで調べてみたところ、この連載の前に、同名で連載されていて、すでに単行本も出ているとか・・・・。
ぎゃあ!私、失態!こんな愛らしいウサウサ良作をスルーしてたとは!
ということで早速発注。ネットは便利だ。

当然っちゃ当然ですが、papyrus連載のものと、ストーリーは違います。
でも、うさぎのかわいさは同じです。

<超簡単なあらすじ>
未来の東京。幾多の争いにより、混沌とした都市、ネオ九龍。
そこで「探し屋」を営む机田九青年と、その父ラビ。
ラビはうさぎ。
マジでうさぎ。
・・・・モフモフモフモフ。・・・・・かわぇぇぇぇぇぇ!!!
(!)
ただし、「特別保護クローン」。
「特別保護クローン」とは、モロ博士とやらが作り出した、人間以上の知能を持った動物。他にもアライグマや狼なども。
ラビが一番かわいいが。

・・・・ごほん。
で、いにしえの九龍(クーロン)のような街で起こる事件で「探し物」で解決していくストーリー。
「私の夫を探して・・・」
カラハン財閥の女主人より依頼され、探しあてたものの、女の影。
女は依頼主とうり二つの顔。
そして、夫は殺された。殺したのは同じく「特別保護クローン」の狼。
女主人と同じ顔を持つ女を助けてくれ、との遺言を聞いた机田九とラビは
女を捜し、そしてかくまう。
なぜ彼女は狙われるのか?!
モフモフモフ!!!

---
うさぎがかわいすぎます。
カゴからチョコっと顔を出したラビ、九ちゃんの肩にちょこんと乗ったラビ、
胸に抱かれてるラビ、ひざに乗ってるラビ、
アップもかわいいです。かわいすぎます。モフモフモフモフ!
ぎゃぁぁぁ!!!かわいい、かわいすぎる!かわえええええぇぇぇぇぇ!!!
うさぎ好きにはたまりませんです。

あー。
・・・・。うさぎのことじゃなくて、ね。
モロ博士の話とか、消化不良のまま終わってますね。
狼君とラビたんとの確執も消化不良。
途中で打ち切りになったんかいなぁ。
画力もしっかりしてるし、構成もきちんとしているので
もっと続けさせてあげたら良かったのに、という感じです。
papyrusで拾ってくれてありがとう、って感じです。
ありがとう、ラビたん机上の九龍をもう一度見せてくれて!ありがとう!幻冬社さん!!!
あとはアレよ、アレ。この雑誌が廃刊にならないことを祈るのみよ。

てなわけで、この単行本のほうの「机上の九龍」もウサウサがかわいくってオススメなのじゃが
papyrusの連載のほうもウサウサがかわいくってオススメなのだ。
ウサでモフモフなやつは必読であ〜る。ともに
「ウサたんかわぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!」
と絶叫しようぞ!!

いや、ウサギ抜きにしても、きちんと「読者を惹きつける力」は十分あると思いますよ。(ただ私は異常にウサたんに惹き付けられてしまったが・・・・。

にしても、なんでウサギってこんなにかわいいのかなぁ(はぁと)


<参考・トラックバック先>
青木朋さん(私設)ファンクラブ さん
雑誌「papyrus」→幻冬舎公式サイト
机上の九龍→読むまで死ねるかっ さん
青木朋 他『机上の九龍』/小学館→コミックの鬼!さん
マンガレビュー > 「か」行タイトル | comments (2304) | trackbacks (0)

「アキバ」がウリになる時代?---アキバ署(1) 瀬尾 浩史



いまや「電気の街」じゃなくて「ヲタクの街」として確立してる秋葉原。

そんな秋葉原が舞台のマンガ、とありゃあ、買わないわけにはいきません!

<超簡単なあらすじ>
アキバ署(正式名称は「外神田署」らしい)に「ハイテク犯罪相談所」ができたっ!
やってきたのはエリート技官の久遠あまね。なにかやらかしての左遷か?
上司というか相棒?は携帯すら持っていない機械オンチの伊武一弥。

最初の事件は、「ハメ撮りビデオwinny放流」
そして「不正アクセスによる企業恐喝」、「脆弱サイトさらし」
「メイド商法」て〜な感じ。

winny放流については説明不要かとは思うけど
じょしこーせーの最中ビデオが彼氏(の友人)により
勝手にファイル交換ソフトのリストに・・・という。
もうね、今の世の中、そんなビデオ撮っちゃだめですよ。
パートナーが信頼できる人で、なにがあってもプライベートでおさえる人だとしても
万が一、泥棒が入って、あろうことかそのビデオが盗まれちゃったりして
・・・とか考えると、もう「最初から撮らない」ことしか防衛手段はないわけで。
まあ、そんなことはどうでもいいんですが・・・・。

被害少女を助けるため、あまね暴走。
「当該ファイルを削除させる」ウイルスをばらまく。

とがめる伊武に対しあまねが叫ぶ
「セキュリティーホールだらけなんですよヨ
 この国の法(コード)も!社会(システム)も!
 それを使う人間も!!」
という言葉は、たぶんこのマンガのメインテーマ。

「メイド商法」は、メイドのコスしたオンナノコに声かけられて
入ってみたら、絵とかアクセサリーとかなんかしらんうちに
売買契約かわしちゃってた〜〜って話。
なにかどっかの店を連想させますね。
まあ、買って満足、後悔していないんだったら
納得のいく良いお買い物だったということで、以上。

おもしろいのは正式タイトル「コドモのケンカ」という
「脆弱サイトさらし」ですかね。
デジタル著作権協会というとこのサイトの欠陥を
「ここ、だめですよ〜」と教えてあげて
イベントで「こんなとこがこんなにセキュリティ意識低いんですよ〜」
と実演。
あら?なんか聞いたことある話だわ〜〜〜〜(にやにや

とまあ、ヲタクとハイテクの最先端都市アキハバラらしいエピソード満載の「アキバ署」。今後もいろんなアキバチック事件が発生していくでしょう。
でもって、左遷の事情とか、ね。
っということで、アキバキッズにぜひおすすめ。
(あれ?私はアキバ属性なのか?いや、違うんだけどなぁ)
追加で、ハイテク犯罪等に興味がある方にもオススメ!!
(これで偽装できてる?できてる?)

どうでもいいけど「A-BOY」という言い方は、なんかいやじゃない?(マンガとは全然関係ありませんが)


<参考・トラックバック先>
瀬尾浩史氏の「アキバ署!」で、「署内にメイド喫茶!?万○橋ケーサツにはあるのか!?」→アキバblogさん
2005/10/21(金)→店長にっきさん

毎度アキバblogだな(苦笑
マンガレビュー > 「あ」行タイトル | comments (407) | trackbacks (0)
Information
  • 三度のメシよりマンガが好き!毎月数万円漫画購入費にあてている作者の、オススメまんがなどを独断と偏見でレビューというか感想というかをダラダラとなサイト。
Profile
Calendar
<< October 2005 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
Categories
New Entries
Archives
    
アクセス
    
Recent Comments
  • 戦時中の話に涙---みんなの動物園〜いづみの飼育係日誌(完)黒沢明世
    SekoazOrize (08/19)
  • テイストが途中から変わった?---わたしはあい(完) 外薗 昌也
    kartingvat (08/19)
  • コンビニへようこそ!ファッキン ガイズ! <感想> コンビニDMZ(2〜)竿尾 悟
    Alvinrat (08/19)
  • アツいバレエ漫画「昴」、再開。 <感想> MOON(1〜) 曽田正人
    Alvinrat (08/18)
  • アツいバレエ漫画「昴」、再開。 <感想> MOON(1〜) 曽田正人
    Alvinrat (08/18)
  • 2割には入ったけど、そこからがな・・・ <感想> ネムルバカ 石黒正数
    Alvinrat (08/18)
  • コンビニへようこそ!ファッキン ガイズ! <感想> コンビニDMZ(2〜)竿尾 悟
    Alvinrat (08/18)
  • アツいバレエ漫画「昴」、再開。 <感想> MOON(1〜) 曽田正人
    Alvinrat (08/17)
  • アツいバレエ漫画「昴」、再開。 <感想> MOON(1〜) 曽田正人
    Alvinrat (08/17)
  • 2割には入ったけど、そこからがな・・・ <感想> ネムルバカ 石黒正数
    Alvinrat (08/17)
Recent Trackbacks
    
amazon
         
blogpeople linklist
    
Other
  • count : hits!
  • 参加ブログランキング
    ブログランキング ドット ネット
    にほんブログ村 漫画ブログへ
    TREview
    テクノラティお気に入りに追加する
  • 広告

  • 協賛中

  • 『図書館戦争』公式サイト
  • アクセス解析



  • RSS1.0
  • Atom0.3
  • Powered by Serene Bach 2.12R
  • Template by OMEGA*BOX