aya-note comic 〜マンガレビューblog〜

三度のメシよりマンガが好き!毎月数万円漫画購入費にあてている作者の、オススメまんがなどを独断と偏見でレビューというか感想というかをダラダラとなサイト。

----------------------------------------------------------
◆◆作者名検索◆◆

「あ」をクリックすると「あ」行で記事のある作者リストが表示されます。


                  わ、その他

----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------

頑張るぞだったり仕様変更だったり

ここんとこ忙しくてblog更新してなかったら、おもしろいことが起こっていました。

突然の大量アクセス(笑
どうやらアキバblogさんに紹介されたかららしいです。
http://www.akibablog.net/archives/2005/12/post_194.html

アキバblogさんはほぼ毎日巡回していたんですが、この数日は同じく忙しくて巡回してなかったんですよね。その見ていない間にこんなことがあったとわ。
それにしても、すごい影響力ですね。
それはともかく、来ていただいた方に「また見よう」と思っていただけるようなサイトにしようと、改めて思ったわけでした。

で、最近「本日発売のコミック」は載せてません。
大変なのもあるのですが、これで容量を圧迫してもなぁ、という感じもしてきたので、やめることにしました。
近日、過去のものも一斉削除する予定です。
なので、せっかくそのエントリにコメントを入れていただいた方々には申し訳ないのですが、と思ったけど身内だからいいや(笑
※雑記 | comments (310) | trackbacks (0)

萌エロ小学生・・・ッ!---こどものじかん 私屋カヲル

ヒジョーに話題独占、人気爆発でソソるレビュー多数なもんで、私もうっかりカートに入れてしまいましたっ・・・・!!!!(汗

4575831778こどものじかん 1 (1)
私屋 カヲル

双葉社 2005-12-12
売り上げランキング : 580

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いやもう、いたるトコロで「萌エロ」とか「小学三年生ハァハァ」とか「パンツみせてんの」とか、なにこの「そのスジ大好きメン」直撃なレビューわっ!てな状況なんですもの。

私屋カヲル氏といえば、「少年三白眼」。
ホントは優しいんだけど、三白眼、という少年を主人公にしたギャグマンガがありまして。
かなり面白かった覚えがあります。(読み返したいが、実家の本棚だわ)
犬とお嬢様」あたりから、読まなくなったような。

で、かなりスルーしている間に、方向性がコッチのほうへ行ってしまっていたのですね!!

<超簡単なあらスジ>
小学三年生の担任を持つことになった新任教師(23歳男子)。
先生を好きになってしまった りんちゃん。エロく挑発しちゃったり。

---

このコミックハイという掲載誌は「男子も読める少女漫画」らしいですよ?

いや、このサイトでは中身の画像の転載はしない方針なんで、問題の絵を見せてしまえば早いのにこうして無駄に文字を書かなくてはならんのですが
問題のコマだけ見ると、
「これはいいエロマンガですね」
としか言いようがない、ヒトケタな少女がパンツ下ろしてたり、指をチュパチュパしてあげてたり、半ズボンのスキマからパンツが見えてるのを注意されると「見せてるの」と不敵な笑みを浮かべたり、友達のおにゃにょこの胸を直にふにふにもみもみしてたり、パンツの描きこみが素敵とか、ブラしてないヒトケタ娘のツンとか、サービスシーン満載。
でも、あくまでも少女漫画誌らしいです。

確かに、ヒトコマひとこまはヤヴァいですが、全体を通して見ると、ストーリーをしっかり書いているせいか、エロマンガ独特のエロ至上主義な気配は薄く、うん、これはエロマンガじゃない!大丈夫!と、何が大丈夫なのかはわかりませんが、そんな感じです。

作者のサイトから今までのコミックリストを見ていて、んで「プロフィール」とか読むと、「器用な作家さん」なようで、掲載誌などに合わせて自在にタッチを変えているんですね。
なもんで、今回の「こどものじかん」も、
オラオラ、おまえら、こういうのがツボなんだろ?こーゆーのに萌えーっって言っちゃうんだろ?という作者の手のひらで踊らされているんだろうな、とわかりつつも、踊ってしまうわけです。むしろ、わかってて踊ると。いや、もう祭りだワッショイだと。ということで、皆踊るがよい。(わたしも)

で、どうやらコミックハイリニューアル前の掲載のほうがヤヴァいらしいので、なんとかそっちもコミックスに収録してほしいなり、と双葉社のほうに向かって言ってみる。

<参考・トラックバック>
私屋カヲル公式
コミックハイ公式(双葉社)
マンガがあればいーのだ。さん
ヤマカム さん
こどものじかん 「いやすげーよ小学生 ロリマンセー!」→アキバblog さん
マンガレビュー > 「か」行タイトル | comments (832) | trackbacks (0)

ホントに当たっておもしろい---20Q(トゥエンティキュー)

B000B875WW20Q (レッド)

バンダイ 2005-11-12
売り上げランキング : 6106

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


なんか話題らしいし、先日は「ワールドビジネスサテライト」でも取り上げていて、なんか気になる商品であったコレ。

とはいえ、なんかわざわざ自分で買うのはアレだな〜という一品でもありました。
そしたら、サークルの飲み会のプレゼント交換で、見事にこれを引き当てまして。(ありがとう、アサ氏)
さっそくコイツと勝負です。

<内容>
アナタが思い浮かべた言葉(人の名前とか商品名とかはもちろん無理)をこの「たまごっち」みたいな形のコレが当てる、というおもちゃ。
質問は20問。20問でアナタの思い浮かべた言葉を当てちゃう。

ソレハイキモノ?→いいえ
ソレハショクパンイッキンヨリチイサイ?→いいえ

・・・・ソレハ パチンコ デスネ!

うわ、当たってるよ!!

と、そんな感じ。

---

要は、膨大なデータの蓄積と、2択による範囲の縮小なわけですが
核心な質問はされてなかったのにピタリと当たった時なんか、わかっていても驚き嬉しくなっちゃいます。
これまた、けっこう良く当ててくれます。
さすがにずっとやっていると飽きてきますがね(苦笑

子供はもちろん、大人も「うわっ!」っと純粋におもしろいと思いますので
興味が出た方はぜひ。
ゲーム・映像系レビュー | comments (329) | trackbacks (0)

天空聖龍―イノセント・ドラゴン (1)---山口 美由紀

4592182383天空聖龍 1―イノセント・ドラゴン (1)
山口 美由紀

白泉社 2005-12-05
売り上げランキング : 75523

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


そっか、「春告小町」は終わったんだっけ。
訪問者のチェックが入るまで、すっかり見逃してました。ありがと、をかのゆ氏(笑

<超簡単なあらすじ>
古代な中華っぽい世界。暗黒龍と戦い地上に身を沈めたと言う聖龍の伝説が残されている世界。
領主の息子ラムカは、行き倒れの少女カナンを助け、自らが暮らすサンワの庄へ。
サンワの庄は、普通の村とは少し違う村。カナンを温かく迎えた。

伝説には続きがある、という。身を沈めた龍から、「人」が生まれたという。
その末裔は、常人にはない能力を持つという。

天の遣いと言われる「飛蛇」は、空を舞い、時に動物などを襲うため、ラムカは「飛蛇」の尾を切ることで「飛蛇」を威嚇し、人々を助けていた。
もちろん、聖獣であるため傷をつけてはいけないのだろうが。。。。
また、「飛蛇」の内臓は猛毒で、闇で高額に売られているらしい。しかし、内蔵を取ることを生業とした人々は、その毒に犯され死亡することもあった。
しかし、その毒は、特定の人間にとっては死の淵から生き返らせることのできる薬、となった。
龍の末裔である「人」にとっては・・・・。
そして、ラムカとカナンは、その末裔だと・・・・。

---
前作から今回の新連載までの間隔が短いような。
いや、あまり乱発するような作家でもないし、長期連載には耐えられないという噂もあったりなので、このペースはちょっとびっくりしただけです。

にしても、山口美由紀という漫画家は、優等生キャラだなと思うわけです。
画力もあるし、構成力もある。でも、ビッグヒットには欠けているんですよ。(フィーメンニンは割とヒットしたけど)
「超」のつくインパクトが薄い。そういう意味で「天才キャラ」ではなく「優等生キャラ」。出す作品はキッチリと良いものを出している優等生。
なんとなく、惜しいなぁと思ってしまったり。

が、もしかしたらこの作品は、フィーメンニンよりヒットするかも、とか思っています。そんな予感。
今後、よりいっそう面白い展開がありあそうです。
ラムカとカナンの行く末(飛蛇を食べたことによる肉体的変化は未知数)だとか、二人のラブとか(笑)そもそも聖獣、龍とは、とか。

ヒットして、長期連載できっちりと描いてくれると(描けると?)いいなぁ。
マンガレビュー > 「あ」行タイトル | comments (392) | trackbacks (0)

リアルだなぁ。---ボーイズ・オン・ザ・ラン(1) 花沢健吾

4091873057ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
花沢 健吾

小学館 2005-11-30
売り上げランキング : 56490

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


レビューするの、難しいなぁ。
でも、ここに書くのは、買ってソンはしなかったと思っているから。

<超簡単なあらすじ>
主人公・田西はガチャガチャ(もしくはガシャポン)メーカー営業の27歳男。彼女いない、気になる女の子はいる、でもうまく動けない。まれにテレクラ利用。でもむなしい。仕事、それなり。やる気なくこなすだけ。マズいなとは思うけど。
で。27歳のバースデーにテレクラに入ったら、ストライクゾーン外のあぶない女にひっかかる。ひっかかって逃げる。財布を落とす。落とした財布を見つけて追いかけてきた人のことも勘違いしてそれから逃げる。逃げられないような感じになって反撃しようとして逆に殴られる。その人に手当てしてもらう。なんか美少女だったような。
気になる女の子とは、なんか寄った勢いでちょっと親密になったみたいだ。でも、どう動けばいい?!


1巻の序盤はそんな感じ。
リアルなんだよね、キャラが。いまどきの男子の普通〜ダメなところの最大公約数って感じで。いや、全部がダメってわけじゃないとこもリアル。
実際にこういう男子が回りにいるとか、そういうことじゃないんだけど。宣伝文句にある「等身大」、そういうことかな。

田西が好きな女の子。
そんな都合よくそんなタイプの子がいるわけないじゃん!てな子でもあり、等身大でもあり。やっぱり、そこらへんに居るようなリアルさ。

そして事件は起こる。事件といっても刑事的な事件じゃなくって、「非日常的」な「ハプニング」。たとえば「あの子が気になる」「あの子と話をした」。
事件によって、男は変わろうとする。
そんな「よくある日常」を切り取った内容。

これじゃあ、おもしろさは伝わらないかも。でも説明するのが難しい。
印象に残る作品。
必読ではないけど、読んでソンはない、そんな作品。
マンガレビュー > 「は」行タイトル | comments (404) | trackbacks (1)
Information
  • 三度のメシよりマンガが好き!毎月数万円漫画購入費にあてている作者の、オススメまんがなどを独断と偏見でレビューというか感想というかをダラダラとなサイト。
Profile
Calendar
<< December 2005 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Categories
New Entries
Archives
    
アクセス
    
Recent Comments
  • 良い意味でドロくさいSF---ロボとうさ吉 加藤 和恵
    valyaCot (11/19)
  • テイストが途中から変わった?---わたしはあい(完) 外薗 昌也
    gerleKip (11/19)
  • 芸術的美容整形。受けてみたい・・・---RODIN(1)佐藤 マコト/谷津 弘幸
    JuliabeP (11/18)
  • 今一番イチオシのハートフルストーリー!AIBOより犬ロボ! <感想> ラッキー Are you LUCKY?(全1巻)村上かつら
    Geollomnecomsfish27 (11/17)
  • 戦時中の話に涙---みんなの動物園〜いづみの飼育係日誌(完)黒沢明世
    MilaniDet (11/17)
  • テイストが途中から変わった?---わたしはあい(完) 外薗 昌也
    afabhen (11/16)
  • テイストが途中から変わった?---わたしはあい(完) 外薗 昌也
    tarbaoMr (11/16)
  • テイストが途中から変わった?---わたしはあい(完) 外薗 昌也
    raleKt (11/16)
  • テイストが途中から変わった?---わたしはあい(完) 外薗 昌也
    ophmoEr (11/16)
  • テイストが途中から変わった?---わたしはあい(完) 外薗 昌也
    boudesftah (11/16)
Recent Trackbacks
    
amazon
         
blogpeople linklist
    
Other
  • count : hits!
  • 参加ブログランキング
    ブログランキング ドット ネット
    にほんブログ村 漫画ブログへ
    TREview
    テクノラティお気に入りに追加する
  • 広告

  • 協賛中

  • 『図書館戦争』公式サイト
  • アクセス解析



  • RSS1.0
  • Atom0.3
  • Powered by Serene Bach 2.12R
  • Template by OMEGA*BOX